エルフはフランスに本社を置く世界第4位メジャーに数えられる石油会社トタル社の自動車用潤滑油を始めとする石油関連製品ブランドです。
フランス本国を中心に、モータリゼーションの本場、欧州でトップクラスのシェアを獲得しているほか、世界150以上の国々で多くのユーザーに
支持されています。

40年以上にも及ぶF1へのテクニカルサポートの歴史では数多くの勝利に貢献したばかりでなく、幾多の歴史的なイノベーションに参画。
ここで生み出されてきた技術やアイデア・ノウハウは、余すことなく全てのエルフ製品に活かされ、信頼の証となっています。

エルフの全ての製品・生産設備とマーケティング活動は、ISO:9001を満たしています。
2000にも及ぶ品質保証承認は、それによって最新のAPI規格そしてその他の国際基準を満たしています。
ユーザー様は、我々の厳しいブレンディング・充填プロセスによる「一貫した品質」の自動車用潤滑油及び工業用潤滑油をお使いいただけます。

イノベーションなくして勝利なし

【性能の改善に専念するソレイズ研究所】
エルフの活動を支えているのは製品のイノベーションと研究で、これはレース用製品の技術的な進歩には欠かすことのできないものです。
フランスのリヨン近郊にあるソレイズ研究所は、150ヶ国以上に進出している世界第5位の石油メジャーに数えられる総合エネルギー企業、
TOTALグループ内の精製・マーケティング部門が持つ3つの研究所のうちのひとつです。
この研究センターで働く300名の研究員とエンジニアは、既存製品の改良や将来の勝利につながるような製品の開発に取り組んでいます。
具体的には、さまざまなカテゴリーのモータースポーツ用カスタム燃料や、カスタムエンジンオイルの開発です。

【技術の限界に挑む】
性能の向上を求め、飽くなき研究を続けているTOTALの科学者たちは、現在だけでなく将来的な環境規制も考えつつ性能を高めようと、
シミュレーション、モデリング、ラボ、テストベンチなどの様々な機器を利用し、新しい燃料とエンジンオイルの開発に取り組んでいます。

 

専門知識なくして勝利なし

【モータースポーツチームとの特別な関係】
エルフのレース用製品はこれまで数多くの勝利をもたらし、今やモータースポーツの世界基準となっています。
それは自動車・2輪メーカー、ワークスチームと緻密な関係のもと製品を共同開発、そして世界中のサテライトチームのベンチマークとなっています。
私たちは勝利に満足することなく、研究能力、創造性、ロジスティック力を常に磨いています。

【すべての分野における多岐にわたる製品】
それぞれの分野とチームには独自の技術的な要件があることから、競技車用燃料とオイルの多くは、エンジン特性、運転条件やレースなどに合わせて
協同開発されています。
こうしたカスタム製品の開発の原動力となっているのが豊富な知識と経験です。
F1、世界ラリー選手権(WRC)、MotoGP、スーパーバイク、カート、耐久レース、シングルモデル・チャレンジなどの様々な分野における豊富な経験。
新たな開発を推し進めるために長年にわたり蓄積してきた専門知識とデータ。