小原聡将選手レースレポート!(JJSF R5)

Posted on 7月 11, 2014 in News, レース

10487589_783289085026750_1512996556608287055_n

 

JJSF 全日本選手権 第5in蒲郡

 

開催日: 6月29日

開催場所:愛知県 蒲郡市

出場クラス:Pro Ski Open

結果:予選:1位  決勝:リタイア

 

 

前回の第3戦から1ヶ月が経ち、第5戦が行われました。レース前のテストではマシンの調子も良好で、今回のレース会場である海洋ヨットハーバーは自分の得意なコースレイアウトでもあるので、気合十分でレースへ望みました。

 

予選ではインコースの大外からのスタートでした。スタートのタイミングは良く、自分を含めた3艇が同時に飛び出し1ブイを曲がっていきました。その3艇がインコースの最終ブイまで攻防を重ね、その中で自分は2位でインコースを抜けました。合流では3位でホームストレートを通過しました。2周目に入り、前の2艇がインコースをチョイスしたので、自分はアウトコースを選びました。ほとんどアクセルを抜かずに全てのブイを曲がってこられたお陰か、合流では1艇抜いて2位に浮上する事ができました。次の周からも1位の選手がインコースを選択する為、アウトコースで攻め続けた結果、5周目で1位に上がる事ができました。そしてそのまま逃げ切り1位でのゴールとなりました。

 

10433902_783289031693422_4850175258982547900_n

 

 

予選終了後、トラブルが起こりました。

予選でのレース中、最終ラップにマシンの調子が何かおかしいと思い、ゴール後にすぐマシンを浜に上げました。するとエンジンルームの中に大量に海水が入っていました。それからは午後の決勝ヒートまでずっと作業をして原因の追究を図りました。しかしどんなに探しても海水が入ってくる原因を見つけられず、走れるところまで決勝は頑張ってみよう!という結論に達し、決勝に挑みました。

 

決勝ではインコースの一番内側からのスタートでした。スタート前のアイドリングの状態で水がどんどん入ってきてしまい、スタート時に上手く加速ができず出遅れてしまいました。それでも上手くラインを確保して走れたせいか、パワーが無いながらもインコースの3位で合流をする事ができました。ホームストレートを5位で通過し、チョイスでは4位までの全員のライダーがインコースに行ったため、自分はアウトコースを走りました。水が入ってきているせいエンジンに水が入ってしまいスピードが伸びませんでしたがラインを考えて走り、その結果3位で合流をする事ができました。しかしホームストレートに入ってからエンジンの調子がさらに悪くなったため、エンジンの事も考えて3周目に突入したところでリタイアをしました。マシンが不調ながらも3位を走行し、これからプッシュしてTOPまで行けるぞと思えただけに、非常に残念でした。

 

10492041_783289055026753_6757811815746175045_n

 

 

     レースを終えての感想

今回の第5戦は先月に行われた第3戦での失敗を踏まえ、新たに気持ちを切り替えての参戦でした。その中、予選を1位で抜けることができ”今回は優勝を狙える!”と思っていただけに、今回のリタイアという結果はとても残念でした。レース会場から帰宅後、原因を見つけることができましたが、レース会場では絶対に発見が不可能な場所に問題がありました。また、仮に発見できても会場では完全に修復不可能な場所であった為、諦めもつき、次回のレースへと頭を切り替える事が出来ました。

次回のレースは次の週末にタイで行われます! 今回の悔しさをバネに、優勝をしてきたいと思いますので、応援の程宜しくお願いいたします!!

Racing Sports Club MEIEN 小原聡将