生駒淳選手レースレポート!(JJSF開幕戦で優勝!)

Posted on 4月 25, 2015 in News, レース

1

 

JJSF第1戦 大阪二色の浜大会

 

2015年4月18―19日

出場クラス  PRO R/A OPEN

 

今回の大会が2015年の初戦になりました。

例年ですと年明けからUAEの大会があるのですが、今年は海外遠征を控え国内の大会とマシン開発に集中しようと言う事で冬季の間も日本でマシン開発をして来ました。

 

その際スポンソンの開発にも携らせて頂いたおかげでマシンの挙動や微妙な違和感を感じられる力が少し養われたと思います。そして乗り比べる事により練習にもなったので今回のレースはいつもより自信がありました。

 

4

まず土曜日に行なわれた予選ですが、グリッドはアウトコースの大外、1番外側でした。

これは自分的には非常に良いグリッドでした。万が一出遅れても握って行ける自信があったので5番ブイまで全開で行けば追い付き追い抜ける予定でした。

当日は大荒れの海面で全開で行ける人はそんなに居ないと思ったので気分的にも楽でした。

 

スタートと同時にアンチラグボタンを離したのですがその瞬間ホールショットと分かるようなスタートが切れました。海面は荒れていたのですが自分的には非常に乗りやすく感じることが出来ました。これは練習とスポンソン開発のおかげだと思いながら全開で走りました。

 

インコースとの合流も1位でインコースのトップとの差も少しあったので後は飛ばないようにペースを落としそのまま1位でゴール致しました。

 

2
 

日曜日の決勝

昨日とは打って変ってベタベタの平水でした。

予選1位なのにグリッド決めで自分はアウトコースの大外を選んでしまいました。

昨日上手く行ったので今日も上手く行くと勘違いしてしまいました

 

スタートは1度フライングがあり2度目の再スタートになったのですが、アンチラグの特性上2回目だとカブリ気味になってしまい、スタートが出れませんでした。かなり出遅れてしまい大外からアクセルを全開握って行ったのですが全然TOPに追い付かない程差が開いてしまいアウトコースの2番、合流4番でホームストレートを通過しました。

 

その後ホームストレートエンドのブレーキングをせず全開で進入し1台抜き3位に上がりました。その後も必至に前を追いかけ4週目の合流で2位に追い付き最終コーナーの2点ブイをアウト側から全開で握って行きサイドバイサイドからのホームストレートで前に出ました。

 

その時すでにTOPとの差がホームストレート分くらい開いていました。でも諦めずに追いかけていると7週目に周回遅れが見えTOP艇のペースが落ちたのが分かりました。8週目TOP艇が選択で周回遅れに捉まりスローダウンしている間にインコースから抜きTOPに出る事が出来ました。

 

その後は落水しないように、マシンを労るようにペースを落とし確実にTOPチェッカーをうける事だけに集中して走り、途中周回遅れを3台上手くパスする事も出来そのまま無事1位でゴールすることが出来ました。

 

3

 

今回1位でゴールした事は勿論うれしかったです。

 

しかし更にうれしかったのは会う人みんなが「こまちゃん感動した!!」とか「凄い興奮した良いレースだったよ~」と言ってくれた事でした。ホールショットからブッチギリでゴールするのがライダーやメカニックとしては理想ですが、観ている人からするとやはり抜きつ抜かれつのレースの方がレースの醍醐味が観れて良いのだと実感しました。そしてこんな自分でも人を感動させたり興奮させるようなレースが出来、更に結果が1位だったと言う事は申し分の無いレースになったと思います。

 

これからも観に来た人が興奮したり感動したりするようなレースが出来るようまた練習に励みます。今回も応援、サポートありがとう御座いました。

 

マリンメカニック#86 生駒 淳