小原聡将選手レースレポート!(JJSBA R6で優勝!)

Posted on 7月 19, 2016 in News, レース

2

 

2016 JJSBA Championship R-5/R-6 Chirihama

 

開催日:7/9・10

 開催場所:石川県 千里浜

 出場クラス: A X-2

 使用マシン:カワサキ製 X-2

 結果:

第5戦 予選:2位通過

    決勝:3位

 第6戦 予選:1位通過

    決勝:1

シリーズランキング暫定1位

 

BO9A1954

 

 タイに帰国後、すぐの今大会となりました。去年の千里浜の大会はわりと波が出る展開となりとても楽しいレースであったため、今年も大きな波が出ることを期待してレース会場へと向かいました。

 

BO9A1939

 

   第5戦

 予選は抽選の結果より、インコースの大外でのスタートでした。スタートはタイミングよくアクセルを握れたものの、マシンのセッティングが少し濃かったためか結果的に出遅れてしまいました。1ブイを3位で通過し、1艇を外からまくって抜き合流では2位でホームストレートを通過しました。その後は1位を追いかける展開となり、周回を追うごとに距離が詰まっていきましたが、最終周で分かれたチョイスコースでも抜けず、2位でのゴールとなりました。

 決勝はインコースでのスタートでした。ポンプアップをしている間にスタートを切られてしまい、かなり出遅れてのスタートとなりました。インコースの最後尾で合流し、2周目を10位で迎えました。右海面で一気に3艇抜いて7位まで上がり、3周目でも右海面で2艇抜いて5位まで浮上しました。4周目にはトップを走行していた選手がマシントラブルでリタイアとなったため、自動的に4位へ上がりました。それからは2位争いを3艇で繰り広げることとなりました。それからは猛プッシュをし続けるものの追い抜くまでに至らず、最終ラップの合流でどうにか3位の選手を抜きさることができ、3位でのゴールとなりました。

 

5

 

   第6戦

 予選はインのポールポジションでした。タイミング良くスタートし、ホールショットを獲得しました。合流後も1位で1周目を終え、その後は2位の選手から逃げ切る展開となりました。徐々に2位以降を離していき、1位で無事に予選を終えました。

 決勝はアウトのポールポジションでのスタートでした。1度目のスタートでは少し出遅れてしまい、1ブイを3位で曲がる展開となりました。しかしインコースで何艇かの接触があり、再スタートとなりました。2度目のスタートではタイミングよくスタートでき、アウトコースの2位で合流へ向かい、インコースの選手を交え3位でホームストレートを通過しました。ホームストレートエンドでは2位の選手のインに刺して2位へ浮上し、チョイスコースでは1位の選手がアウトコースを選択したため、私はインコースを選択しました。かなり気合を入れてインコースを曲がっていき、そのため合流では1位の選手の前に出ることができました。それからは周回を追うごとに2位以降をじわじわと離していき、最終ラップまで危なげなく走りきってX-2クラスで人生初の優勝を果たすことができました。

 

 

4

 

   レースを終えての感想

 前回の猪苗代での第3・4戦ではあまり結果が振るわず、シリーズチャンピオンを獲得するためには今大会で2戦とも優勝する必要がありました。しかし、第6戦での優勝及び他の選手が大きく順位を落としたことにより、暫定シリーズランキング1位となりました。去年のA SKIに引き続き、A X-2クラスでも初参戦でのシリーズチャンピオンを獲得できるよう、残りの二色の浜と南あわじの2戦とも優勝を目指し努力して参ります。

 次のレースは1ヶ月後に行われるタイシリーズの最終戦となります。現在シリーズランキング1位であるため、チャンピオン獲得を目指し最終戦は優勝で飾れたらと思います。

 応援してくださるスポンサー様に喜んで頂けるように精進して参りますので、今後ともご支援頂けたらと思います。宜しくお願い致します。

 

1

 

 

Bee-Tec

#32 小原 聡将