山本陽平選手レースレポート!(JJSF R6、R7!)

Posted on 7月 28, 2016 in News, レース

26

 

大会名:2016 JJSF全日本選手権シリーズ 第6、7戦

蒲郡大会

 

日時:7月16日~7月17日

場所:愛知県 蒲郡市 ラグーナビーチ

出場クラス:Pro SKI OPEN

第6戦

Pro SKI:9位

第7戦

Pro SKI:7位

 

1

 

今回のレース会場は愛知県 蒲郡市のラグーナビーチで行われました。

天気はあまりよくないとの予報でしたが週末通して天候に恵まれ熱いレースが行われました。

今回のコースレイアウトもテクニカルとロングを上手く組み合わせたコース設定でライダー、ボートのバランスが非常に重要となってきています

土曜日、第6戦の予選はアウト側からのスタートでした。

風が強く荒れた海面でしたがスタートも無難に決まり合流は6位、予選と言うことで無理せずに走りきりそのままゴール、午後からの決勝に備えます。

午後から海面も次第に穏やかになり決勝はほぼフラット、グリットはアウト側からスタートでした。

スタートが上手く決まらずに合流で中段グループに入ってしまいかなりの大混戦となってしまい今回は9位でゴール、

明日の第7戦に向けて少しセットアップをいじって土曜日は終了です。

 

23

 

翌日の第7戦、天候は晴れで風もなく穏やかな海面でした。

予選はイン側から、スタートは綺麗に決まったのですがまだまだボートのバランスが悪く1ブイ付近の競り合いで競り負け合流は5位でした。

その後1艇抜いて4位でゴール、決勝に向けて再度ボートの微調整を行い決勝に挑みます。

決勝はアウト側からのスタート、スタートは綺麗に決まったのですが相変わらずのボートの動きの悪さで1ブイで押し切れずに合流で中段に沈みます。

その後は段々海面も荒れだしたのですが粘り強く走りきり7位でゴール、徐々にですが成績は上向いてきています。

 

DSC_2332

 

これより約一ヶ月のインターバルの後9月に最終戦を残すのみとなりましたがインターバルの間にボートのバランスの再調整とバージョンアップを行い挑みたいと思います。

次回最終戦は9月10~11日、大阪 二色浜海浜公園で行われます。

 

Team YRF

山本 陽平