SEA-DOO 90分耐久レース 猪苗代湖 レポート!(生駒淳選手&生駒明美選手、夫婦で優勝!)

Posted on 9月 18, 2014 in News, レース

SEA DOO 猪苗代湖 90分耐久レース

2014.9.14

 

今回は先週に引き続き、全く同じ場所でのSEA DOO主催の耐久レースに参加いたしました。

一昨年初めて免許獲りたてのレースに初参加という嫁と参加し、4位。

去年は1位で嫁に交代したところ、最後の周回で落水し2位。

今年は1位が獲りたいとずっと思っていました。

嫁にプレッシャーをかけつつの参加。

 

行きがけに車が壊れてJAFのお世話になったものの午後の出走ギリギリで到着。

毎回無難には行かないなと思いつつコースの下見もそこそこにすぐ本番です。

参加台数30台。

単純ながらも沖のブイが見えないというなんともでかいコースです。

SEA DOO耐久は誰かがテザーコードを持って砂浜を走り、ライダーに渡してエンジンをかけてスタートするという公平な方法。

チーム員の大河原さんに走ってもらい、いいタイミングでスタートできました。

 

1周目でホームに戻った順位は3位。

1位にはクローズドレースでも一緒にプロクラスを走っている外所選手2位に自分のチーム、マリンメカニックのオーナー今崎さんというやっぱり速い人が前にいる状態でした。

今回も去年と同じ、船は嫁ボート。

ストッククラスの船です。

でもそこは乗りなれている船という安心感があるのでどんどん攻めていくことができ、2回目の給油で嫁に交代したときには1位でした。

今年の作戦はなるべく自分が走って残り20分ほどを嫁に走らせるという安全パイ。

なぜならうちの嫁は本当によく飛ぶからです。

男勝りに攻めて挙句に飛んで落水、結果最悪・・・のパターンを何度見たことか。

嫁にくれぐれもアクセルは60~70%でいいから、ブイは攻めなくていいからと伝え交代。

本人曰く自分の言いつけを忠実に守り、抜いたはいいものの人がいないと迷子になるということを繰り返しつつ、2台に抜かれただけで無難にレース終了。

嫁は走った気がしないんだけどと不満そうでしたが・・・。

 

結果は1位。

作戦がうまくいき、3年目にしてやっと1位を頂きました。

念願の夫婦で表彰台がかなって本当によかったです。

 

今回は来週にJJSF・JJSBAの最終戦が控えているということもあり、チームの人たちがゲレンデで最終調整を行うため、人手がなかったのですがそれでもお手伝いに来てくださったチーム員の石川さんと大河原さん、手助けしてくださった仙台のジャンキーレーシングの方々、本当に助かりました。

有難うございました。

 

BRPをはじめサポートいただいている企業様、今回はSEA DOOのレースだったので自分たちのRXP260R-Sで参加でき、オイル、工具にパーツと非常に助かりました。

本当に感謝いたします。

 

来週はJJSF最終戦、その後はいよいよアメリカのアリゾナで行われるワールドファイナル、タイ王国のキングスカップと海外レースが続きます。

このために1年頑張ってきました。

いい結果を残せるように努力、精進して挑んで生きたいと思います。

 

これからも応援ご指導の程、宜しくお願いいたします。

有難うございました。

 

マリンメカニック

♯86 生駒 淳

♯2  生駒 明美

 

写真_1~1