山本陽平選手レースレポート!(セレクションレースR1,R2で2位表彰台!)

Posted on 8月 5, 2020 in News, レース

 

大会名:2020 JJSF全日本選手権シリーズ・セレクションレース

 

日時:2020年7月11~12日

場所:愛知県蒲郡市 ラグーナビーチ

出場クラス: Pro SKI GRANDPRI

第1戦:2位

第2戦:2位

 

 

 

レース終了から随分日にちが経ってしまいました申し訳ありません。

今年はコロナ禍の影響でレース開催も危ぶまれましたが長い延期期間を経てついにレースが開幕しました。

レース会場では3密を避け感染リスクに対して十分な配慮がなされた状態でレースが開催されました。

こんな時期にレースやるのか?と言うお声も聞こえてきますがこんな時期だからこそしっかりとコロナ対策をした上でレースに挑んでやるぞ!何でも自粛ではだめだ!と思いレース参加を決意いたしました。

 

 

今年は全日本選手権シリーズには出場せずに海外レースの参加権利を得るための選抜レースにエントリーしました。

こちらのクラスは海外戦を視野に入れたレースで使用するボートも海外のレースと同じレギュレーションを採用したレースで私が出場するGP1クラスが国内最高峰のレースとなります。

レースは土曜日、日曜日の2戦行われました。

レースは午前、午後の2ヒート制で両方の総合で争われます。

 

 

土曜日の第1戦のヒート1、スタートも上手く決まりアウト側のホールショットで合流でも1位で通過して自分としても意外なレース展開となりました。

今年より新しいボートに乗り換えたこともありまだまだボートに対する習熟不足で後半抜かれ2位でゴールでした。

少しエンジンのMAPを書き換え後半まで乗り切れるセッティングに再調整して午後のヒート2に挑みます。

午後から風が強くなり荒れた海面になりましたがスタートも上手く決まりホールショットで合流でも1位で通過できました。

1位で順調に周回を重ねていましたが途中ミスが出て落水してしまい最後尾からの追い上げとなってしまいましたがラストラップで3位まで挽回することができそのままゴール、総合では2位でした。

 

 

 

翌日の日曜日、第2戦、海面は風もなく穏やかでした。

スタートも昨日同様上手く決まりホールショットで1位で合流することが出来ましたがチョイスコースで1台に抜かれてしまいそのまま2位でゴール、午後のレースで逆転を狙います。

午後のヒート2、風も出てきて昨日同様荒れた海面となりました。

スタートも決まりホールショットでしたが合流で2台に先行され合流は3位、チョイスコースを使い攻めましたが力及ばず3位でゴール、今回も総合は2位でした。

 

 

今回、新しいボートを初めて実戦投入してのレースでしたがボートのポテンシャルに助けられレースを有利に運ぶことが出来ました。

次戦にはもっとボートの戦闘力を高め、ライダーのスキルを上げて最後まで攻めて行ける体を作っていきたいと思いますので引き続きご声援よろしくお願いいたします。

次戦セレクションレース第3戦、4戦は9月12~13日、愛知県蒲郡市 ラグーナビーチで行われます。

 

 

Team YRF 山本 陽平